包丁、まな板、ピーラー

シェアキッチンに何があるの?
ということで自炊の不安解消第2弾。
料理の基本ともいえる、包丁、まな板、そしてピーラーです。
包丁は現在4本。
ふつうに料理するのによく使うタイプから、肉、魚くらいまでは使えますよ。
釣りした後に魚捌いて食べよう!という方もOK。
(うろことりが無いので包丁でお願いします)
まな板も2種類。
大きいものは重量もすごくて、手ごわいものを切る時には便利。
ピーラー(皮むき)は野菜であれば時短になりますね。
近くに無人の野菜販売所もあるので、サラダや煮物などもおすすめ。
包丁の腕前をここであげていきませんか?


IHクッキングヒーター

シェアキッチンについてのご紹介。
どんな道具があるの?何が作れるんだろう。
少しでもそんな不安を解決して楽しいクッキングタイムを過ごせるようにシェアキッチンで準備している備品や道具などをご紹介しています。

今回はIHクッキングヒーター。
オール電化などされている家ではおなじみなのでしょうか。
メーカーによって多少使い方が違うのかもしれませんが、シェアキッチンにおいているのはアイリスオーヤマの製品です。
向かって左側が鍋の直径26cmまで、右側は20cmまでです。
左側が火力が大きく、揚げ物・湯沸し・ハイパワー(右側を使っていない時)に対応しています。
コンセントを差し込み主電源を「入」にしてあとは加熱ボタンを「入」にするのが基本的な使い方。
ガスの火力よりも最初に加熱される時間は遅いですが、そのあとはなかなかしっかり熱くなります。

現在(2018年3月)、IH対応の鍋は小さい片手鍋が1つ、26cmのフライパンが1つです。
今後、ご要望に応じて増やしていこうと考えています。

IHクッキングヒーターの説明書もキッチンに備え付けてありますので、じっくり使い方を知りたい方はいつでもご覧下さい。